青汁にブレンドされている緑黄色野菜とは?その効能は?

 

青汁の中には、ケールや大麦若葉と共に多くの野菜をブレンドしたものも多くあります。

 

緑黄色野菜も多く使われていますが、その効能とは?

 

緑黄色野菜とは

 

緑黄色野菜

野菜類は、緑黄色野菜と淡色野菜に分かれています。

 

緑黄色野菜とはβ-カロテンを豊富に含む野菜を言い、その多くはビタミンCなどの栄養分も豊富に含んでいるため、緑黄色野菜を多く食べるほど健康であると言われるほどです。

 

代表的な緑黄色野菜
パセリ、小松菜、ニンジン、カボチャ、シソ、ブロッコリー、アスパラガス、春菊など

 

緑黄色野菜の主な成分と効能

 

主な成分
  • βーカロテン
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ポリフェノール(アントシアニン、リコピン等)
  • ミネラル(カリウム、カルシウム、鉄等)
  • 食物繊維

 

緑黄色野菜と青汁

主な効能
  • 動脈硬化の予防
  • 生活習慣病の予防
  • 免疫力の強化
  • 便秘の解消
  • 目の健康を保つ
  • 美肌効果
  • アンチエイジング
  • ガンの予防
  • 粘膜や皮膚を健康に保つ
  • 血行を良くする
  • 貧血の予防

 

動脈硬化の予防

 

三大抗酸化ビタミンのビタミンA、ビタミンC、ビタミンEの抗酸化作用により、コレステロールの酸化が抑えられ動脈硬化の予防をします。

 

 

生活習慣病の予防

 

抗酸化作用から、動脈硬化を予防し、心臓病などの生活習慣病の予防効果があります。

 

緑黄色野菜の色素は、ポリフェノールで、抗酸化作用があり、生活習慣病の予防をします。

 

 

免疫力の強化

 

ビタミンA、ビタミンEは、皮膚や粘膜を丈夫にし免疫力を高めます。

 

ビタミンCは病原菌を攻撃する白血球の働きを強化します。

 

 

便秘の解消

 

食物繊維が、腸内環境を整え便秘の解消をします。

 

 

目の健康を保つ

 

白内障の予防

ビタミンAは夜盲症の予防をし、白内障などの予防をします。

 

ビタミンCを260rとれば、白内障の予防効果があります。

 

 

美肌効果

 

ビタミンCが、美白効果およびコラーゲンの生成を即し、肌のハリ、つやを良くします。

 

ビタミンEが血行促進をし新陳代謝を促進し、肌の再生を助けます。

 

 

アンチエイジング

 

抗酸化作用から細胞の老化を防止します。

 

 

ガンの予防

 

ビタミン豊富なサラダ

ビタミンAは、がんを抑制するメカニズムを正常にする働きがあり、ビタミンAが十分な食事をしている人ほどガンの発生率が低い研究結果が出ています。

 

 

粘膜や皮膚を健康に保つ

 

ビタミンCはコラーゲンの生成を促し、皮膚を健康に保ちます。

 

 

血行を良くする

 

ビタミンEには血行促進効果があります。

 

 

貧血の予防

 

貧血は鉄不足が原因で起こり、緑黄色野菜には鉄分を含むものが多く、ビタミンCは鉄分の吸収を助けます。