大麦若葉の素晴らしい効能

 

青汁の原材料となっている大麦若葉とは、大麦が成長途中の若い段階で採取したもので、葉酸を始めとするビタミンやミネラル、食物繊維やクロロフィル(葉緑素)といった栄養素が他の緑黄色野菜よりも多く含まれています。

 

大麦若葉とは

 

大麦若葉とは、大麦の若い葉の部分です。

 

大麦がまだ実を付ける前の約20cmくらいのものです。

 

大麦若葉

大麦は新芽が出ると、「麦踏」を行い寒さに強い丈夫な大麦として育つようにする作業を行って栽培されます。

 

これは、期間を開けて数回行われ大麦内部の成分濃度を高めます。

 

青汁に使用される大麦若葉は、大麦が穂を付ける前の20〜30cmに生育した新鮮な若葉を収穫したものを使っています。

 

大麦若葉の成分は

 

青汁の中でもさわやかな味わいがあり、とても飲みやすいという点で人気があります。

 

  • 食物繊維
  • 各種ビタミン(βーカロテン、ビタミンB1、葉酸、ビタミンC等)
  • SOD酵素(スーパーオキシドディスムターゼ)
  • カテキン
  • クロロフィル
  • 各種ミネラル(鉄、亜鉛、カリウム、銅)
  • アミノ酸(トリプトファン、アラ二ン)

 

大麦若葉の効能は

 

生活習慣病を予防する

 

SOD酵素、クロロフィル、カテキンの抗酸化作用の働きで、動脈硬化等の生活習慣病を予防します。

 

このSOD酵素の働きと、多く含まれる食物繊維が血糖値の上昇を抑える働きから、糖尿病の予防もします。

 

カリウムの働きで余分なナトリウム排出し、高血圧の改善効果もあります。

 

 

アンチエイジング

 

SOD酵素と、ビタミン類、カテキン、クロロフィルの抗酸化作用から、細胞を活性酸素の攻撃から守り老化防止効果があります。

 

 

便秘改善

 

便秘が解消され胃腸が元気に

大麦若葉に含まれるクロロフィル(葉緑素)には、腸の中を綺麗にする効果があります。

 

また、腸の中を綺麗にする成分で有名な食物繊維も豊富に含まれており、その量はなんと便秘解消食材であるサツマイモの約50倍となります。

 

クロロフィルと食物繊維、2つの力で腸の中を綺麗にすることで便秘が解消され、胃腸が元気になります。

 

 

免疫力を高める

 

β−カロテンは、皮膚や粘膜を丈夫にし、ビタミンCがコラーゲンの生成を助け、皮膚や血管を丈夫にし抵抗力が高まります。

 

ビタミンCは、白血球の働きを強化し、またビタミンC自らもウイルスを攻撃し、免疫力を高める効果があります。

 

 

貧血予防

 

貧血は赤血球のヘモグロビンの量が減少して起こります。

 

大麦若葉にはヘモグロビンの材料の、鉄が含まれ、葉酸と、クロロフィルには貧血を防ぐ働きがあります。

 

特に葉酸はブロッコリーの約5倍も含まれています。

 

 

疲労回復

 

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変え疲労回復の効果があります。

 

 

新陳代謝を高める

 

新陳代謝に必要な酵素の材料となる亜鉛を含み、またビタミンB1は新陳代謝を高める効果があります。

 

 

美肌効果

 

大麦若葉に含まれるSOD酵素(スーパーオキシドディスムターゼ)には、シミやシワ、そばかすの原因の1つである活性酵素を中和させる働きがあるので、シミやシワ、そばかすが出来にくくいつまでも美しい肌を保つことができます。

 

美肌効果

ビタミンCがシミの原因のメラニンの生成を抑え、またコラーゲンの生成を助けるため肌のハリを保ちます。

 

 

抗ストレス効果

 

ビタミンCには抗ストレス効果があります、またアミノ酸のトリプトファンは、セロトニンとなり、精神安定作用があります。

 

大麦若葉はアレルギーの心配は無用!?

 

大麦若葉の効能には女性にとって美容や健康に必要な栄養素が豊富に含まれていますので、積極的に摂取したい食品です。

 

とはいえ、小麦や大麦にアレルギーがあると飲めないのでは?

 

と心配される方もいると思います。

 

小麦や大麦のアレルギーを持っている方の多くは小麦や大麦に含まれているグルテンでアレルギーを引き起こすことが多いのですが、大麦の成長段階である大麦若葉にはグルテンが含まれていません。

 

その為、小麦や大麦に含まれるグルテンにアレルギーのある方は安心して摂取することができるのです。

 

グルテンの他にもアレルギーの心配がある方は成分表示を確認してみましょう。