青汁を飲む年齢に制限はあるのでしょうか?

 

青汁は野菜不足を補うのにとても効果的です。

 

野菜嫌いの子供や、食欲の低下している高齢者にもとても良い健康食品です。

 

野菜嫌いの子供にも青汁

 

野菜嫌いの子供に、野菜を食べさせるのは一苦労です。

 

カレーに野菜を入れてわからないようにしたり等、調理による工夫をしなければいけません。

 

しかし、青汁を飲むことで、子供の野菜不足を補うことができます。

 

中には、青汁の味が気にいらないという子供もいますが、バナナジュースに混ぜてみたり、パンケーキに混ぜてみたりすれば食べてくれるでしょう。

 

 

野菜嫌いの子供が増えています

 

子供が野菜不足になると、成長に影響します。

 

最近の子供の食習慣は欧米化し、肉中心の食事のため、野菜嫌いの子供が増えています。

 

成長には、カルシウムや、たんぱく質も必要ですが、体を作るときにビタミン類も大切な働きをしています。

 

野菜嫌いの子供が増えています

食べたものを、エネルギーに変えるにも、ビタミンは必要です。

 

なぜだか元気のない子供は、野菜不足が原因かもしれません。


 

子供の便秘も増えています

 

あまり外で体を動かして遊ばない場合などは、便秘から肥満になり、また、ファーストフードやスナック類をいつも食べていると肥満につながります。

 

最近は、肥満が原因での学校のいじめの問題など、深刻な問題にもつながります。

 

青汁の食物繊維が、便秘の解消をし、また糖質をエネルギーに変えることを促進するため元気が出て、体を動かして遊ぶことが苦にならなくなります。

 

 

 

情緒不安定の子供が増えています

 

ストレスを抱えた子供

子供の世界も現代では、受験など多くのストレスがあるようですが、ビタミンCが不足していると抗ストレス力も弱く、情緒不安定の原因の一つにビタミン、ミネラルの不足もあるようです。

 

成長期にある子供は、脳細胞の活性化、神経、筋肉を、正しく機能させることも大切です。

 

野菜不足では、ミネラルが不足し、脳の働きが悪くなり、情緒不安定になってしまいます。

 

青汁を飲むことで、この様な問題の解決になります。

 

高齢者にも青汁

 

青汁には、抗酸化作用のある成分が多く、老化の予防をします。

 

また、白内障の予防効果もあります。

 

青汁の抗酸化作用のある成分が老化の予防をします

高齢者も便秘に悩まされている場合が多く、下剤に頼らずに便秘の解消をするのに青汁がとても効果的です。

 

年齢と共に食欲も減り気味になりますので、栄養失調にならない為にも、青汁で栄養補給をすることをお勧めします。