青汁のおすすめな飲み方

ジュースで割る

 

りんごやオレンジ、グレープフルーツやパイナップルなどの果汁100%のフルーツジュースで青汁を割って飲みます。

 

フルーツの程好い酸味と丁度良くマッチして美味しく飲むことができます。

 

但し、グレープジュース(ぶどう)とはあまり味の相性が良くないようでお勧めしません。

 

感じ方は人それぞれですが、柑橘系の酸味のあるフルーツジュースの方が合うと思います。

 

牛乳や豆乳で割る

 

青汁を牛乳や豆乳で割って飲んでみましょう。

 

抹茶ミルクのような味わいになり美味しく飲むことができます。

 

個人的には牛乳より豆乳で割る方がマイルドな味わいになるように感じますが、どちらも美味しく飲めます。

 

甘味が欲しいという方はオリゴ糖やハチミツをプラスするのもお勧めです。

 

夏は冷たいまま、冬は牛乳や豆乳をレンジでチンしてホットで飲むと良いですよ。

 

バナナミルクに青汁イン

 

毎日の朝食に飲まれる方も多いバナナミルク。

 

ミキサーにバナナと牛乳を入れてミキサーにかけるだけですが、ここに青汁も入れてしまいましょう。

 

見た目はグリーンになってしまいますが、バナナの甘味と牛乳のまろやかさで青汁独特の香りがカバーされ美味しく飲むことができます。

 

青汁ヨーグルト

 

プレーンのヨーグルトに青汁の粉末を入れ良く混ぜ、ハチミツやオリゴ糖などで甘味をプラスして食べる青汁ヨーグルト。

 

ヨーグルトの酸味で青汁の苦みが消されるため、美味しく食べることができます。

 

忙しい朝に作る場合は、粉末のままヨーグルトに入れるのではなく、粉末の青汁を少量の水で溶かしてからヨーグルトに入れると簡単に混ぜ合わせることが出来るのでお勧めです。

 

 

 

青汁を料理に生かす!青汁料理のレシピ公開中

 

青汁を料理に生かした、様々な種類の青汁料理のレシピをご紹介します。

 

非常に体に良い青汁を、ただ飲むだけでは生かし切れてはいません。

 

料理にも青汁を使うことで、より多くの青汁を摂取することができます。

 

粉末の青汁を使うことで、より手軽に料理に取り入れることができ、さわやかな味ときれいな緑色を楽しめます。

 

野菜嫌いの子供

味付けの濃いカレーなどに入れれば、野菜嫌いの子供にも悟られないので、野菜不足の改善となります。

 

また、デザートに使用すれば、抹茶の代用として置き換えて使うことが出来ます。

 

カフェインが気になる抹茶好きな妊婦さんには、置き換えて抹茶風味のデザートとして、カフェインの事を気にしないで食べることもできます。

 

青汁を使って、料理のレパートリーも増やしましょう。

 

全て二人分のレシピになっています。

 

 

青汁フルーツゼリー

  1. 鍋にりんごジュースを300mlと粉寒天小さじ一杯を入れて、よく混ぜながら2分沸騰させます。
  2. 火を止めた状態で、粉末青汁3gとはちみつを小さじ2杯入れ、よく混ぜます。
  3. 粗熱が取れたら、容器に分けて入れ、冷蔵庫で冷やして固めます。

 

青汁豆乳プリン

  1. 大さじ2杯の水に粉ゼラチンを小さじに一杯入れて良くふやかします。
  2. 鍋に豆乳100mlと牛乳70ml、精製していない砂糖24gと粉末青汁6gを入れ、中火で煮立ったら火を止めて水にふやかしたゼラチンを加えてよく溶かします。
  3. 粗熱が取れたら、鍋の底に氷水を当て、混ぜながら冷やしていきます。
  4. とろみがついてきたら、器に分けて入れ、冷蔵庫で冷やして固めます。

 

青汁パンナコッタ

  1. 大さじ1杯の水に粉ゼラチンを小さじに2杯入れて、よくふやかしておきます。
  2. 鍋に生クリームを100mlと牛乳を50mlと砂糖を大さじ2杯、そして粉末青汁を3gいれて、弱火にかけて沸騰させないようによく混ぜます。
  3. とけたら火を止め、ふやかしておいたゼラチンを加えて、さらによく溶かします。
  4. 鍋ごと氷水につけて、粗熱を取り、器に分けて入れて冷蔵庫で冷やします。

 

青汁ポタージュスープ

  1. キャベツ40gと玉ねぎ60gをみじん切りにします。ジャガイモ100gは1cm角に切ります。
  2. 鍋にバター10gを入れ、1で切った野菜を入れて良く炒め、固形コンソメ半分を良くつぶしながら炒めます。
  3. 野菜全体に火が通ったら、牛乳300mlと粉末青汁6gと野菜をすべてミキサーにかけます。
  4. ミキサーにかけたものを鍋に戻し、煮立たせないように注意をしながら塩とコショウで味を調えます。

 

青汁白玉団子

  1. 白玉粉200gを100gずつに分け、それぞれを水110mlを加えながら良く練っていきます。一つの方には粉末青汁3gを加えます。
  2. 直径2cmくらいの団子に丸め、沸騰したお湯に入れて浮いてくるのを待ちます。浮いてきたら、1分くらいさらに茹で、氷水に摂り冷やします。
  3. 器に盛り付け、あんこやきな粉、黒蜜などをかけて頂きます。

 

青汁餅

  1. ボウルに米粉220gと水400ml、砂糖240g、粉末青汁6g、抹茶小さじ1杯を入れ、よく混ぜます。
  2. 軽くラップをかけて、電子レンジで500Wで4分ほど過熱をします。
  3. 一旦取り出して、よく混ぜ、サイドラップをかけて500Wで2分再加熱します。
  4. 粗熱を取り、棒状にまとめて一口大にちぎります。
  5. 丸めて、器に盛り、きな粉をかけて頂きます。

 

もしも…葉っぱのままのケールが手に入ったら

 

ケールの葉

葉っぱのままのケールが手に入ったら、葉っぱのまま料理に生かしてみましょう。

 

ケールは世界中で栽培されていますので、世界の色々な料理に使用されています。

 

外国の料理で、ケールをおいしく頂きます。

 

緑のスープ (ブラジル料理)

  1. ケール200gをざく切りにし、水にさらしてあくを抜きます。玉ねぎ1/2個とニンニク1かけはみじん切りにし、キャッサバ芋なければジャガイモ200gは乱切り、ソーセージ200gは薄切りにします。
  2. 鍋にオリーブ油大さじ1を熱し、玉ねぎとニンニクを炒めて香りを出します。玉ねぎの色が透けてきたら、キャッサバ芋とソーセージを加え炒め合わせます。
  3. 鍋に材料がひたひたになるように水を入れ、煮込みます。芋に竹串がすっと入るようになったら火を消し、芋を木べらで潰します。
  4. 鍋にケールを加えて、中火で再び煮込みます。塩とコショウで味を整えたら出来上がりです。

 

コルカノン (アイルランドのハロウィンの料理)

  1. 茎を取り除いたケール250gをたっぷりのお湯でゆでます。細かく刻んで、ボールに入れラップをかけます。
  2. ジャガイモ250gを皮を向いて乱切りにし、葱一本は粗みじんに切ります。
  3. ジャガイモをひたひたの湯で茹で、柔らかくなったら火からおろして木べらでしっかりと潰します。塩とコショウ、ナツメグで味を調えます。
  4. 鍋に葱と牛乳200mlを入れ、中火で5分ほど煮ます。ケールとジャガイモを加え、好みの硬さになるまで火にかけて水分を飛ばします。
  5. 皿に盛りつけ、中央にくぼみを作り、バター80gを乗せます。

 

ケールのピラフ巻き (トルコ料理)

  1. 茎を取り除いたケール6枚をさっとゆで、水気を絞って冷まします。玉ねぎ1個とニンニク一かけとパセリ適量はみじん切りにします。米1合は洗って、ざるで水気を切っておきます。
  2. フライパンにサラダ油大さじ2を入れて熱し、玉ねぎとニンニクと洗った米を5分程度炒めます。トマトペースト大さじ1と水100mlを合わせたものを加え、塩と胡椒と唐辛子の粉で味を調えます。水分がすべてなくなったら、パセリとドライミントの粉を小さじ1加えて、火を止めます。
  3. ケールを縦に半分に切り、葉の裏側を上にして2を大さじ1乗せ、巻き終わりが下になるように巻きます。
  4. 鍋に3を並べ、トマトペースト大さじ1と水100mlと砂糖小さじ1/2を良く説いてから加え、材料が水をかぶる程度に水を加えます。塩を振ってオリーブ油適量を回し入れて蓋をし、弱火で水気が少なくなるまで煮ます。

 

ケールとウガリ (ケニヤ料理)

  1. ケール400gは、茎を取り除いてはを重ね、端からみじん切りにします。トマト3個は角切り、玉ねぎ1個とニンニク1かけは粗みじん切り、羊肉200gは茹でて細切りします。
  2. フライパンにサラダ油大さじ2を熱して、ニンニクと肉と玉ねぎとトマトを炒めます。ケールを加えて、塩コショウをし、蓋をして5分ほど蒸し煮にします。水気がなくなったら、少量の水を加えてもよいです。
  3. ウガリを作ります。鍋に水1200mlを沸かし、ホワイトコーンミール300gを振り入れます。火を弱め、好みの硬さになるまで木べらでよくかき混ぜます。一つの塊になったら火を止め、蓋をして5分ほど蒸らします。
  4. AとBを一緒の皿に盛りつけ、頂きます。

 

包みご飯 (韓国料理)

  1. 茎を取り除いたケールを手のひらの大きさにちぎります。さっと湯通しし、冷水にとって、水気をしっかり切ります。
  2. ケール、サンチュ、エゴマの葉、シソの葉などで、ご飯とキムチと韓国の包み野菜用の味噌「サムジャン」を巻いて頂きます。

 

青汁は無理なくストレスにならないよう続けましょう

 

女性には美容面でも健康面でも効果的な青汁

女性の味方である青汁を毎日飲みたい!でもどうしても味が苦手で飲めないという方、いませんか?

 

昔と違い最近販売されている青汁はどれもスッキリと飲みやすい仕上がりになっていると言われていますが、やはり苦手という方がいるのも事実。

 

味には人それぞれの好みがありますから仕方のないことです。

 

30代以上の女性には特に美容面でも健康面でも効果的な青汁。

 

しかし、毎日美味しくないと我慢しながら飲むのはとてもストレスだと思います。

 

そこで、青汁が苦手な人向けに飲みやすい飲み方をいくつかご紹介していきたいと思いますので、色々試してみてご自身に合った飲み方を見つけてみて下さい。

 

青汁を単品で飲むには抵抗がある方でも乳製品や酸味のある飲み物と割ることで美味しく飲むことができます。

 

青汁は毎日、継続して飲むことで美容効果、健康効果を得ることができますので無理なくストレスにならないよう続けられる飲み方で飲まれることをお勧めします。