青汁の効果的な飲み方

 

青汁はとても優れた健康食品です。

 

いつ飲んでも良いのですが、効果的に飲むにはどのように飲めばよいのでしょうか。

 

効果的な青汁の飲み方
  • 栄養補給として飲む場合 
  • 美肌、ダイエット効果のため 寝る前
  • 食べ過ぎを抑えたい時 食前
  • 便秘解消 寝る前

 

栄養補給として飲む場合

 

青汁を栄養補給の為に飲む場合は朝がおすすめ

青汁には、多くのビタミンが含まれています。

 

栄養補給の為に飲む場合は、朝飲むのをお勧めします。

 

一日の内朝食はとても重要です。

 

朝食抜きでは、午前中ボーっとして元気がない場合もあります。

 

たとえば、朝食時に飲むのも良いですが、食欲がないので何も食べられないという人も、牛乳や豆乳に砂糖と青汁を混ぜたものなら、飲めるかもしれません。

 

美肌、ダイエット効果のためには寝る前が効果的

 

青汁でもケールの配合されているものは、おやすみ前にのむことでメラトニンが含まれておりぐっすり眠ることが出来ます。

 

夜の10時から2時のゴールデンタイムに睡眠すると、成長ホルモンの分泌が行われ肌の再生を行います。

 

ニキビ肌の人や肌荒れの場合も、肌を再生することで美肌効果があります。

 

ダイエット効果のためには寝る前が効果的

ダイエット中の人も、睡眠不足は肥満を招きます。

 

成長ホルモンが、体の修復を睡眠中におこないますが、その時に使うエネルギーは脂肪が使われます。

 

脂肪の代謝に必要なビタミンも青汁には含まれていますので、牛乳に溶かして飲んで快眠をして、ストレスの解消、美肌、ダイエット効果を上げることが出来ます。

 

食べ過ぎを抑えたい時は食前に飲む

 

太る原因には、食べ過ぎるという場合も多くあります。

 

早食いも食べ過ぎの原因です。

 

脳がおなかがいっぱいというサインを送る前に、食べてしまうからです。

 

食前に青汁を飲むと、満腹中枢を刺激しておなか一杯に感じます。

 

また食べ過ぎは、生活習慣病も引き起こします。

 

肥満のみならず、健康維持の為に食べ過ぎには注意しましょう。

 

便秘解消ならば、寝る前に飲むのか効果的

 

青汁を便秘解消の為に飲む場合は寝る前が効果的

青汁には、多くの食物繊維が含まれ、腸の環境を整えて便秘の解消をします。

 

一日のうち、最も便意を感じるのは、朝起きたときです。

 

夜寝る前に飲んで、質の良い眠りとともに、朝起きたときには快便の効果があります。

 

我慢すると、便秘になることもありますので、トイレに行く時間を考えて朝余裕を持った時間に起床する事も大切です。

 

青汁は、健康食品です

 

すぐに効果があるというよりは、続けて飲むことで効果がありますので、続けることが大切です。

 

また、体にいいからと、飲みすぎると食物繊維が多く含まれているためたまにおなかが緩くなる場合もあるので注意してください。